ソーシャルテレポート

外国人女性との出会いと恋愛にフォーカスを当てた日本人男性のための国際的な出会いの向上を目指すラーニングサイト

【世界での出会い】女の子はどうやったってお話を展開しないと始まらない


出会いには世界中どこでも1つ共通して言えることがあります。

それは女性と仲良くなろうと思ったらどうやったって会話を展開しないと何も始まらないということです。

「そりゃそうだ。」と思うかもしれませんが、心の中で「やっぱりそうだよな〜。」と再確認する人も中にはいることでしょう。

「やっぱそうだよな〜。」と思ってしまったあなた、もし外国人の彼女が欲しいと思っているのであれば、たった一歩コンフォートゾーンから抜け出すだけでゼロだった可能性が100になるかもしれないという大切なお話しをします。

相手が日本人でも基本は同じですが、国際的な出会いは特に、まず積極的に会話をするというところがスタート地点です。

そこからあなたが感じることを基に次回へ向上させていくという方法が近道です。

「まず会話をする」というところでつまづいてしまう人は、考えすぎです。

自分の語学力やアプローチに失敗したらどうしようとか、どう話しかけていいか分からないとか、理由を考えたりとそういった心の準備みたいなことが一歩を踏み出せなくなっていて、全てを阻害してしまうんです。

話しかける目的を考えるのではなくて、何でも突発的に思い浮かぶことをとにかく展開することで徐々に自分自身のことが良く分かってくるわけです。

自分自身が放つ言葉に対して「俺なんてことを言ってるんだろう。」と思う時があるかもしれませんし、「なんか意外と相手の反応が良いなぁ。」とか感じる時があるかもしれません。

こういった会話を展開した時の気づきがものすごく重要で、すべては話しかけた時に得る感覚が自分のレベル上げにつながるわけです。

女性は万国共通で基本的に受け身です。

女性から稀にあなたに話しかけてくることがあるかもしれませんが、すべての進行をリードするのはやはり仕手である男性というのは世界中どこに行っても変わりありません。

また、女性は人に対しての印象をほとんど会話から得る情報を基にしていますので、あなたがどういう人なのかというのを感じ取るには、とにかくお話を展開しない限りは始まらないのです。

 

今日の出来事

 

個人的な話になりますが、今日ジムに行きました。

ここは中南米で有名なジムで人の出入りも多いです。

私がウエイトトレーニングをしているときに、横にセミロングで綺麗に日焼けしたもろラテン系のお姉さんが来てダンベルを始めました。

目の前は鏡張りでお互いが正面を見ると二人がアップクロースで確認できるような感じでした。

私はトレーニング中は基本的に誰とも話したくないし、話しかけられるのも嫌なので目を合わさないようにするんですが、目の前が鏡張りなので反射でそのお姉さんと目がチラチラ合ってしまうという、しかも力んでいる時に。

私は誰かと目が合うと秒速で挨拶や会釈をする癖があって、即効でダンベル下して「Hey!」って汗だくの笑顔で挨拶をしたんです。

そうするとそのお姉さんも笑顔で「Hola!」ってスペイン語で返してきました。

スペイン語圏でいつも遭遇してしまう英語で話しかけるとスペイン語が返ってくるこのパターン。

私はスペイン語があまりできないので気にせず英語で続行すると、大体みんなしぶしぶ英語に合わせてくれる感じです。

で、このお姉さんにも挨拶だけじゃ味気ないと思い話しかけました。

話しかけた内容は以下 (日本語で解説します)。

自分「僕のインターバルは5秒だから。」

相手「Oh, ok.」

筋トレを続行。

5分あたりのインターバルが来た時にまた話しかける。

自分「あなた筋肉そんなにいる?彼氏をノックアウトしようと思ってんの?」

相手「No, no (笑) 今度のトライアスロンに向けてトレーニングしてるの。あなたどこから来たの?」

自分「日本っていうちっちゃい島だよ。地図に載ってんのかな?」

相手「Japan!? I LOOVE Japan! ここで何してんの??」

自分「あの、インターバル5秒だから」

筋トレを続行。

相手は気にせず聞いてくる。

相手「あなた何かの選手?」

30秒ぐらい無視して筋トレを続行。

自分「ただの僕のルーティンだよ。どこでトライアスロンあるの?」

相手「Wow!すごいじゃん。西海岸の有名なところであるよ。あなたの名前は?」

といった感じで会話が進んでいったわけですが、最終的にその女の子が所属するトライアスロンのチームのイベントへ呼ばれました。


女の子と仲良くなる心理



私がいつも女性と仲良くなるのはこういった感じで、とにかくお話をするんです。

「この子と付き合いたい。」といったことは全く1ミリとも頭によぎることはなく、感覚としてはそこにいるから話しかけたといった感じです。目が合ったから挨拶をしてみたといった感じです。

もちろんこの子かわいいとかきれいな人だなぁと思うことは男ですから当然ありますが、結構誰とでも会話を展開するので、話をするときは全く目的は考えていないんです。

さらに言うと初めから関わろうとも思っていないんです。

じゃなんで話しかけるのかというと、会話そのものを楽しむというのが根底にあって、近くにいればしょうがないというか、赤の他人という感覚がなく、みんな友達のように感じているからなんです。

基本的には今までお付き合いをしてきた外国人女性との多くの出会いはこういった感覚がほとんどでした。

今現在は結婚していますので、境界線を越えないように気を付けてお話をするようにはしていますが、私の嫁さんは僕が誰とでも仲良くなるような感じが気に入らないようで、最近では話すら控えていますが。

あなたもグローバルな出会いを探しているのなら、まずはお話を展開するということを一番に行うと可能性が大きく広がります。

話しかける前に何か多くのことが頭によぎるとアクションそのものをブロックしてしまいます。

何も考えずにひとまず何か言葉を発すればその後に続くものは意外なことが多いです。

もちろん反応の悪い女の子にも遭遇するのは当然ですし、これもよくあることです。

反応悪いのに無理やり口説こうと頑張る男性も中にはいますが、私はその場で波長が合わない人とは時間を無駄にしないというポリシーがありますので、即効でお隣の女性に切り替えます。

話しかける相手というのはあなたに対しての印象がすべてというわけではありません。

もしかしたら今日嫌なことがあったのかもしれませんし、人と話する気分ではない状況の人なのかもしれません。

人の考えていることは良く分からないもので、特に女性は感情やホルモンの関係もあります。

ですからあなたの自分自身の印象というものに100%思考を寄せてしまうと、世の中に振り回されてしまいますからやめましょう。

積極的な思考とお話を楽しもうという感覚を備え付ければ、それ以上に自分のスキルのことを考えなくていいです。

後は数多くの女性に会うという機会を作れば自分のソーシャルスキルは自然に磨かれていきます。

ということで、今回は世界中どこへ行ったって女の子はあなたが会話を展開しない限り始まらないというお話でした。

-国際的な出会い・グローバル思考・INPUT

関連記事

【気遣いと恋心】気になる女の子のことを「気にする男」と「気にしない男」はどっちがいい?

出会ったばかりの「気遣いと恋心」はマイナス要素 初対面とか出会ったばかりの時によくやりがちな日本人男性の気遣いはプラスの方向へは流れないことが多いです。相手が外国人女性だとなおさら気遣ってあげるような …

今できる限界でインターナショナルな出会いを最大化するには

街から人がいなくなった今、どう出会いを探すか 世界的に世の中の動きが肌で感じるほど今ものすごいスピードで変わっていっていますよね。この度のコロナショックは予想以上にダメージが大きく、終わりが見えません …

カジュアルデートとフォーマルデートの結末

カジュアルとフォーマルなデートを比べた時に、どのような相手の感じ方の違いがあるのか   日本人同士だとあまりカジュアルデートをする人はいなく、大体決まった流れで恋愛に発展していく人がほとんどなので、進 …

一歩が踏み出せない。思いとどまる心理。国際恋愛はその一歩が出会いの境界線

【思い、思考に邪魔をされる】一歩を踏み出すための完全マニュアル あなたがもしシングルで恋人募集中なら、気になる女性が目の前にいたらどうしますか? アプローチで重要なのは女性が視界に入ってきたときに「何 …

【クラブとバー、夜の出会い】日本と海外の違い

クラブとバーは外国人女性に出会いやすいのか クラブとバーはランダムに色んな人と話せる場所で、飲んだりダンスをするというイメージから、出会いを求めるところという認識でとらえている男性がほとんどなのではな …