ソーシャルテレポート

外国人女性との出会いと恋愛にフォーカスを当てた日本人男性のための国際的な出会いの向上を目指すラーニングサイト

プロフィール

ご挨拶

ソーシャルテレポート代表
古田 亮二
 
1986年生まれ
海外在住歴8年
北米、中南米を中心に活動中

運営理念

異性の悩みは誰にでもあるもので、女性なら仲のいい友達同士で意見を交換し合ったり、情報をシェアしたり、アドバイスを受けたりして、結果はどうであれ自分なりに納得を得ていることだと思います。
 
ですが、男性は女性の悩みは自分で消化する人がほとんどですよね。
 
国際化が加速してきている現在では、昔に比べて日本人以外の人種の人との出会いを考えたり、お付き合いをする機会が増えてきているのではないでしょうか。
 
国際恋愛は悩みに比例して時間の消費が致命的であり、お金の問題が広がりやすく、上手くいかなかった時のダメージが非常に大きいです。
 
出会いや恋愛に関して女性が手取り足取り事前に教えてくれれば簡単なんですが、そこは女性が男性に期待している部分でもあり、そういうわけにはいきません。
 
そこで、日本人男性のために「海外の女性が教えてくれない情報」をシェアすることで、色んなヒントを得てもらえたらという思いで配信させていただいております。
 
国際的な出会い、海外の恋愛事情、交際中の悩みの解決策、外国人女性との出会い方など、海外についてもっと深い話などを中心にお伝えしていきます。

生い立ち

私は、子供の頃は家庭にテレビがなく、いつも遊ぶ時は大体一人で山か海に出かけ、自然と遊んでいました。

周りの同期の子供たちは、テレビの話題やゲームで盛り上がっている中、私はお隣さんの木によじ登って怒られたり、網を自作して波止場に停泊している漁船に乗り込んで魚を獲って遊んだりと、一人で時代を逆行しているような風変わりなガキでした。

19歳の頃にロサンゼルスへ渡米。その後カナダへ移り、約5年過ごした後に日本へ帰国。

東京のとある企業に勤め、日本で現在のメキシコ人の嫁と知り合い結婚。
 
現在は中南米に拠点を移し、ローカルビジネスを立ち上げ悪戦苦闘の末、日差しが差し込み始めた今日この頃でございます。

人生で初めて外国人女性とお付き合いをしたのは19歳の時です。当時通っていた語学学校のアメリカ人の先生でした。

マンツーマンの授業があった時に、彼女に電話番号を渡されたんですよね。

別に相手も私にその気があったわけでもなく、「もし英語で何か困ったことがあったら。」という感じでした。

週末にふと思い出して何も考えず何気なく電話をしてみました。「元気?別に何もないけど、何か思い出して電話しちゃったよ。」って感じで。

相手は何を返事していいか分からない様子で「Hahaha. umm…」と言っていたのを覚えています。

当時、私の英語はズタボロでその電話は短い会話で終わったのを覚えています。

ところが、その10分後に彼女から折り返し電話がかかってきました。「映画を見に行かない?」と、誘われました。この日を境に彼女とデートに発展していきました。

現在までにお付き合いをさせていただいた女性は、日本人2人、アメリカ人(ノルウェー系)、カナダ人3人(ウクライナ系、フィリピン系、ドイツ系)、メキシコ人2人、タイ人、カメルーン人、ブラジル人です。

嫁には過去の話は全てしております。途切れることのない質問に全て正直に答え、納得しているようです。

長くお付き合いをした人、すごく短かった人、性格や文化が合わなかった人、お互いの将来のビジョンの食い違い、「本国に家族と子供がいる」とカミングアウトしてきた人、実はトランスジェンダーだった人、彼女の宗教観が重荷になり考え方のすれ違いが生じ終わりを告げた人、遠距離が原因で恋が薄れていってしまった人、様々な要因で出会いと別れを繰り返してきました。

私の生まれた地域は近くに大きな米軍基地がありました。

17歳の頃にバイクのイベントで若い米兵と友達になったのがきっかけで、海外への関心が大きく高まりました。

それから15年間ずっと仕事や旅行、人間関係など全て海外に携わることばかりをしてきました。

私は一般常識外の分野を専門としています。日本の常識は一旦日本の外へ出ると全く通用しません。

そこはあなたが生まれ育ってきた考え方なんて直ぐに覆されてしまいます。

国際恋愛も日本で考えられている一般常識の外側に答えがあるということを知らない限り上手くいきません。

当サイトでは、外国人女性との恋愛についての専門知識を特に日本人男性の方向けにお届けしております。

日本、海外に関わらず外国人女性とお付き合いをしたいと思っている方、現在お付き合いをしているけど何か上手くいっていない、どうしていいか分からなくなった方、結婚を考えているなどのお悩みや問題解決に少しでもお役に立てれば幸いです。

投稿日:2019年1月31日 更新日:

執筆者: