ソーシャルテレポート

外国人女性との出会いと恋愛にフォーカスを当てた日本人男性のための国際的な出会いの向上を目指すラーニングサイト

グローバルな出会いをもっと簡単にするために知っておくべき「女性の特徴」

投稿日:2019年5月30日 更新日:

外国人女性の特徴の違い

同じ国の人同士で誰かにお会いする時は、その人の性格や個性を感じることはあっても、基本的に相手の国民性なんてのは、自分と同じと思っているわけですから、普通は意識しませんよね。

ところが違う国の人と話をする時は、その人の性格や個性よりも、その国の国民性や「違い」を意識することのほうが多いのではないでしょうか。

また、出会いを探していたり、女性の割合が多いところに出かけたりすると、女性の性質を意識してしまうことがあるかもしれません。

人はお会いする相手によって、その人の特徴を色んな方向から見ることがあります。時には気が付かずに偏った見方をしていることもあるかもしれません。

人の特徴は属性で予めある程度決まっているものと、その人にしかない個性や性格があります。

今回はその「人の特徴」について、国際的な出会いをもっと簡単にするために、知っておくべき種類と違いについて解説をしていきます。

まずは特徴の種類からお話します。

①相手の国民性

国民性は「文化」によって、その人の考え方やふるまい方が形作られていったもので、その国の全員に該当することではないにしても、大体そんな感じの「気質」があるといったことです。

例えば、日本人ならシャイで奥ゆかしく控えめとか、電車でスマホをずっと見ているとか、基本ルールに従うとか、無言の空気とか、人目を気にするとか、あげればいろいろありますよね。

アメリカ人なら、個人主義で自己主張が強いとか、ダイレクト表現ですべて言葉で伝えるとか、実益にならないことは考えないとか、冒険的など。

カナディアンはアメリカ人よりも気前がいいとか、メキシコ人は家族志向で人思いでやさしいとか。

とある国の人は、人の列を待たないとか、ダンスが好きとか、仕事をサボるとか、笑顔が素敵とか、人当たりがいいとか、嘘つきとか。

時代の流れとともに変わりゆくこともありますが、その国の大半が似たことを考え行動していることが国民性です。

同じ国の人同士では理解されるけど、違う国の人とだと良く分からないふるまい方なんかもありますよね。

例えば、日本人同士だと挨拶をするときは礼をします。目上の人は敬語、友達はため口とかの言葉の使い分け方とふるまい方もあります。

違う国なら挨拶はほっぺにキスとか、握手とか、自分の国ではこうするけどよその国ではやらないという違いです。こういったことはその国の文化です。

文化と国民性を理解するには相手の国を詳しく知る必要があります。

②【経験によって吸収する文化】相手の女性の海外経験

国民性と違って、人は異文化を経験によって吸収することもあります。

学生時代に留学とかで違う国の文化に触れているという人は、考え方やふるまい方も、異文化で吸収したものが潜在意識として一生残っている感じがあると思います。

更に、仕事なんかで長年よその国に住んでいた人や住んでいる人、または両親の関係で幼少期は別の国で過ごしたなど、こんな方々なんかは、両方の文化を熟知していますので、ふるまい方も異文化に溶け込んでいる感じがあります。

海外を転々とするような生き方、またはお仕事をしているような人は、自分の国の文化をベースに、インターナショナルな理解をしている人が多いです。

こういった人は移動が早いので、その国の文化にどっぷり根付くことはないにしても、色んな文化がミックスした考え方をしていたり、オープンな感じの人が多いのではないでしょうか。

もし、異文化に触れたことがなく、その国で生まれ育って一歩も外に出たことがないという人は、その国の文化の色が強く根付いていることが多く、この場合だと自国の国民性の強さがほぼ100%ある感じです。

人にもよりますが、自分の国以外の国に住んだことの経験がない人は、閉鎖的な感じがあったり、あるいはオープンだけどほかの国の人との接触の仕方がいまいちよく分からなかったり、ということがあるかもしれません。

このように、経験をしているかしていないかでその人の特性にも違いが大きく出てきます。

③女性の性質

女性の性質というのは、女性にしかない独特なもので、どこの国の人だろうと女性という意味では大体同じというものです。

脳科学で言われる女性脳というところのお話です。

例えば、女性は感情的で理屈が嫌い。リアリティを好まずキラキラした幻想が好き。理由に基ずく答えよりも直感を信じたり。

男性と違って会話も目的や明確な意味を持って話すことではなく、会話そのものが目的であったり、「共感」というところに重きを置いているんです。

的確なアドバイスよりも、ただ「聞いてあげる」とか「お話をする」ことの方が重要だったり。

大昔、狩人の時代には女性は危険から避けるために周囲と常に連携することで身を守っていたので、コミュニケーション能力が発達したと言われていて、アウトプット量も男性に比べて平均2倍以上も違います。

そのため、女性は人間関係がものすごく人生で意味をもたらすもので、「拒否」されるということを恐れているんです。

女性のほとんどの悩みも人間関係からくるものなんです。

また、ホルモンの関係で感情のアップダウンがあるのも特徴的です。

誰のせいでもないんですがイライラしていて、言葉にとげがあったりすることがあるかもしれません。

女性は過去の感情的な記憶が直感的に出てきたりすることもあって、論理的な男性には理解できないことも多々あるわけです。

一点集中型の男性に比べて女性はマルチタスクなため、同時に色んな事を考えることができるのも特徴的です。

一部例としてあげましたが、このように女性脳というのはどこの国の女性も同じで、生まれたときからDNAに組み込まれた変えられない特性なんです。

④相手の女性の性格と個性

性格と個性というのは一人ひとり違うわけですから、誰かに会う前にその人のことがわかるということは絶対にないので、時間をかけて相手を探っていくしか知る方法がありません。

性格なんかはずっと内面に隠れていることもあるので、国民性や女性の性質のように予めおおよその情報を推測できないんです。

性格は育ってきた環境やその人の家族がどういった感じで、兄弟や姉妹はどういう人なのかとか、親の教育や誰に育てられてきたのか、といったような幼少期からの人間の関わりかたで形作られていくことがほとんどです。

心理学的には性格や個性にも成り行きやパターンというのが決まっているのかもしれませんが、文化や属性に支配されていないという部分から、個人一人ひとりのオリジナリティとして見ることができるのではないでしょうか。

例えば個性で言えば、アートが好きとか、特定のミュージックが好きとか、都会のナイトライフと自然の好みの違い、インドアとアウトドアの好みの違い、好きな色、好きな音、好きな形、景色、環境、仕事、メイク・コスメ、ヘアスタイル、ライフスタイルと幅広くあって、その人が元々持っているコアな性質から「好み」を世の中のレパートリーのオプションより選んでいるというオリジナリティです。

性格で言えば、おっとりしている、アグレッシブ、すぐにあきらめる、努力家、二重人格、内向的、人を気づかう、いつも楽観的、消極的、神経質、キャパが広い、けち、几帳面、ずぼら、自分に正直、嘘つき、よく喋る、よく聞くなど。

これもあげればきりがないほどたくさんの性格があって、一人一人違います。

こういった感じで個性と性格の組み合わせは、その人にしかないオリジナリティがあります。

インターナショナルな出会いをもっと簡単にするためには

相手の女性をもっと簡単に理解するには、「相手の特徴の捉え方」にあります。

特徴について4つお話ししましたが、出会いには、この特徴の種類を「分けて考える」ことで、相手を知るときの複雑さが解消されます。

女性から好感を得るために、知っておくべきマストな特徴

あなたに夢中になってもらいたいのであれば、一番フォーカスすべきポイントというのは、「女性の性質と女性脳」を深く知ることです。

女性の性質は変わることはありませんし、人によって多少の誤差はあるものの、世界中結構大体みんな同じです。

女性があなたに惹かれる要因というのは、もちろん一通りではありませんが、相手の女性脳と感情を刺激することは、魅力のスイッチを押しているようなもんで、あなたの印象が残りやすいです。

女性脳を熟知すれば、相手はあなたのことが気になって、頭から離れなくなるかもしれません。

国際恋愛には無視することができない相手の特徴

国際恋愛で無視できない相手の特徴とは、「国民性」です。

出会いや交際関係をスムーズに進めるには、国民性や文化を知れば知るほどメリットです。

相手の国民性や気質を知るには、自分自身がその国に行ったり、相手のことをスポンジのように吸収して、体験や経験によって得ることが一番早いです。

「女性を魅了する」ということには直接は繋がりませんが、その国のしきたりや、気質なんかを分かっていると、自分が相手のことを理解しやすくなります。

また、国民性を分かっていれば相手の文化に溶け込みやすく、相手から見て違和感を感じることが少ないという最大のメリットが生まれます。

ただ、国民性は経験や環境で変わったりするもので、人によっても違いが千差万別なところはあります。

想像だけで話していると、その人にとっては結構的はずれな感じに聞こえたりすることがあったりするかもしれません。

そのあたりは注意しつつ、固定観念にならないように理解を深めることが重要です。

引き出すべき相手の特徴

相手の性格と個性を手繰り寄せて話題にすることは好感が得られやすく、生まれた国は違っても共通という部分があれば、お互いの距離が縮まりやすくなるんです。

相手が自分とマッチするかどうかというマッチングのバロメーターも、「性格と個性」に鍵が隠れています。

性格と個性は潜在的に自分が良しとするものの集合体ですから、そこにお互いがチューニングすることができれば話もよく合い、非常に心地よく感じるんです。

また、幼少期から積み上げられてきた特徴でもあるので、相手とたくさんマッチするものがあれば、お互いに何か近いものを感じることは間違いありません。

-国際的な出会い・グローバル思考・INPUT

関連記事

日本語しか喋れなくても日本人以外の女性と恋愛は可能か

日本語しか喋れなくても日本人以外の女性と恋愛は可能か   あなたが相手の言語を話せず日本語オンリーの場合でも、あなたの人柄によっては相手が魅力を感じ、お互いが好きになりお付き合いに発展することは十分に …

【グローバルスキル】かわいい・綺麗は幻想、地道な努力は現実

理想の女性に遭遇しても、幻想の世界で終わっていませんか? 自分の半径数メートル以内の視界に外国人の女の子が現れた時に、「あの子かわいい。」とか「きれいな人だな~。」なんてつぶやいたことありませんか? …

初対面の対応の仕方次第で決まる印象。西洋文化独特の暗黙のルール

初対面の印象で出会いの可能性を下げやすい日本人男性   出会いは会社の面接ではないですから、初対面の印象で全てが決まるというほどシビアではありませんが、その人の持つイメージとして植え付けられる印象がそ …

【世界での出会い】女の子はどうやったってお話を展開しないと始まらない

出会いには世界中どこでも1つ共通して言えることがあります。 それは女性と仲良くなろうと思ったらどうやったって会話を展開しないと何も始まらないということです。 「そりゃそうだ。」と思うかもしれませんが、 …

海外でモテない日本人男性の主な理由

モテない日本人男性の一番の原因 女性を魅了するには結局は「しゃべること」しかないんです。 みんながみんなというわけではありませんが、文化的に日本人は「自分を恥じる」とか「恥ずかしい」という国民性があり …