ソーシャルテレポート

外国人女性との出会いと恋愛にフォーカスを当てた日本人男性のための国際的な出会いの向上を目指すラーニングサイト

グローバルな集まりでなかなか出会えずトラウマになっている時

 

インターナショナルな集まりにはよく顔を出すけど、会話やアプローチが何かうまく進まないという時に結構トラウマになっていませんか?

毎回のように何か悪循環を感じたり、話しかけた相手の反応に敏感になったり、同じような結果になってしまうというような状況に陥っていませんか?

今回はそんな人向けに改善の仕方と思考の変え方についてお話をします。

初めに、日本人男性がトラウマになりやすいよくあるパターンをいくつかあげて解説をしていきます。

 

恋愛に発展することがなくトラウマになりがちなよくあるパターン

 

[パターン1]

外国人女性に会う機会があって会話に加わることもできているけれども、その後は特に何もない。

色んな所で関わりはあってもデートに行くわけでもなく、特に恋愛に発展していくことが全然ないという人。

こういう人はパーティーや友達の集まり、クラブやバーなど色んな所に顔を出して女性と話をするというところまでは行動力があります。

でも問題なのは、女性とそれ以上のことがないので、大体そこでおしまいという負のサイクルに陥っている感じで、精神的に毎回が結構トラウマになっているような心境。

「何か自分はダメなのかなぁ。」なんて思ってしまって、ずっと同じ結果を繰り返しているようなパターンです。

[パターン2]

話しかけた時に相手の女性に軽くあしらわれる。

または話しかけてもあんまり相手にされていないような気がして、自信を失ったり、相手の反応に敏感になったりすることがあるという人です。

こういったのは一番トラウマになりやすいですし、意外とよくあるパターンです。

特に面識のない外国人女性に「好意を持って」話しかける男性が陥りやすいです。

相手は察知してなのか、何か自分を避けているような気がするという感じで、話を続行するならたちまち相手はわざと自分から離れていってしまうようなシチュエーションになったことがあるという人。

[パターン3]

元々しゃべるのが得意ではなくて口数も少ないので、その場にポツンといるだけのような存在の薄い人になってしまっている状況。

色んな集まりやイベントには参加したりするけど、いまいち会話もできないという状況にあるという感じです。

自分の無口な感じが人との発展を阻害していて、どこにいってもポツンと独りぼっちな感じがトラウマになっているという人。

[パターン4]

男友達で女の子目当てに出かけることはあっても、何もアクションは起こらず、いつも一人でさみしく帰宅している感じ。

外国人の飲み友達みたいなのができて、初めはテンションが高いけど帰り際には下り坂。

気が付けばいつも同じことをしていて、お金と時間だけが流れていく感じの見た目はハッピーなんだけど内面が沈んでいるというパターン。

[パターン5]

少し長い間、友達関係だった外国人女性の相手を好きになって告白したんだけど断られたというパターン。

または、好きになって少し詰め寄ったら離れていったという感じの状況。

相手のことが気になっている期間が長いというのもあって、断られた時のダメージが大きく、心が折れて撃沈してしまうパターンです。

こういったのは次回へと大きなトラウマになりやすく、なかなか復活までに時間がかかります。

 

なかなか出会いがなくてトラウマになってしまう人の特徴

 

  • 内面が結構シャイだけど頑張っている感じの人
  • 初めから諦めモードの人
  • あわよくばと思っているけどいつも手ごたえなく全然ダメというような人
  • 相手の動きを待っているようなタイプ
  • 結構シリアスな人であれこれと本気にしてしまう人
  • 一人の女性を追いかけている人
  • 感情的な男性

 

会話やアプローチが上手くいかなくてトラウマになってしまったら

 

毎回なんかダメだなぁと思い始めると、次回また次回へと負のサイクルにはまりトラウマになってしまいます。

うまくいかなくても毎回リセットすることが絶対必要です。

人は千差万別ですので出会う女性はみんなそれぞれ違うニューゲームです。

過去のネガティブな結果を新しい出会いに持ち込むとマイナスにしかなりません。

過去を引き出して、会話がうまくできなかったとか、あしらわれたとか色んなことを考えていると、それだけですべてをさえぎってしまう思考になってしまいます。

せっかく次に出会う女性があなたにオープンだったとしても、消極的な方向にいってしまうともったいないです。

確かに頭に色んなことがよぎってネガティブな思考に邪魔をされそうになることも何度かあるかもしれません。

ですが、失敗や何か上手くいかなかった過去の連続はリセットしない限り、どこへ行っても同じ結果にしかならなくて変わることはないです。

[マインドのリセット方法]

ネガティブな思考をリセットできない原因は「感情」です。

感情はマインドを支配しますから自分自身が乗っ取られてしまうことがあります。

マインドを支配されてしまうと、思い込みや余計なことを考えたりするようになって行動や結果にまで影響してしまいます。

実際は違っていることでも、思い込みによって自分が勝手に悪く思っていたりすることもあって、感情によるマインドの支配はものすごく弊害です。

女性にアプローチする時だけではなくて、恋愛そのものをスムーズにしようと思うと、感情コントロールが必ず必要です。

小さなことが感情的にネガティブな思考を一回一回と誘発してしまうような性格の人ならまず「思考を持たない」訓練をすることが効果的です。

思考を持たないとは、要するに変なことが頭によぎった瞬間に、意図的にその考えを処理する前に頭の外へ捨てる感じです。

頭によぎるネガティブなことを感情的に処理しようとするとマインドに乗っ取られてしまいます。

そうならないためには、とにかく余計なことを考えそうになったら考える前に即行で流すことです。

表現は変ですが、思考を放棄するという感じです。

また、何があってもポジティブな精神でいるメンタルとのコンビネーションが必要です。

何でも許せて、余計なことは流すというマインドです。

これが自然にできるようになるとアプローチに対する変なトラウマがだいぶ解消されます。

人によってトラウマになっているパターンはいろいろありますが、まずは感情コントロールとポジティブ精神を鍛えるところからやってみると結果に大きな差が出るかもしれません。

[一回一回に変化をつける]

毎回同じことになってしまうことでトラウマになっている人は、当たり前ですが同じことの繰り返しをしているから同じ結果になるんです。

何かの集まりに参加する時とかでも、自分に対して必ず前回の時と違う「変化」をつけることがマストです。

例えば、話すのが得意じゃなくて無口が原因で毎回トラウマになっているという場合だと、話を切り出していけるように一歩踏み出す必要があります。

前回よりも自らがもっと多く話題をふってみるとか、笑顔でうなずく回数を増やしてみるとかなんでもいいです。

とにかく以前よりも自分に変化が加わっていないと進化しないです。

どこかで女性と出会ってもそれ以上のことがないという場合も同じで、それ以上のことが前回はなかったのなら、今回はそれ以上のことになるように一歩進めてみることです。

例えば、次回は何かのイベントに誘うとか、ハングアウトしないか聞いてみるとかいった感じで、前回の引っかかっていた自分に変化をつけてみることです。

とにかく次々と踏み出して、違う自分へ変えていくことでトラウマからの脱出が可能になります。

[後に絶対に引かない]

トラウマ解消の最大の方法は、「過ぎたことは絶対に考えない」です。

過ぎたことはどうでもいいです。

抹消してください。

断られた、あしらわれたとか、全然気にする必要ないです。

「はい、次。」という感じで一瞬で忘れましょう。

都合の悪いことは脳のメモリに1ミリも残さないというメンタルを持ちましょう。

ここを根に持ってしまう人はいつまでたってもトラウマから抜けられません。

出会いは自分次第で何万回も可能です。

自分に合う女性は世の中に1人しかいないと錯覚していませんか?

世界は広いです。

視野を拡大していきましょう。

昨日の女なんてどうでもよくなる日は必ずきますから。

-国際的な出会い・グローバル思考・INPUT

関連記事

出会いと「I’m Sorry」の正しい使い方

  日本人は割と何でも謝る習慣があります。 何かあるととりあえず謝罪します。謝罪大国で結構有名です。 テレビをつければ謝罪会見。 道を譲ってもらって「あーすいません。」 何かを頂いて「すいません。」 …

音楽のジャンルが合う合わないはグローバルな出会いに影響する?しない?

相手の女性とmusicのジャンルが「合う、合わない」がもたらす影響について 出会いで必ず話題になるトピックでもある「自分のよく聞く音楽の好みについて」ですが、相手の人と好みが合っているのと合っていない …

【心のキャパシティー】世界でモテる男の特徴

世界でモテる男性が必ず持っているもの 女性にモテやすい人とそうでない人には必ず内面的な特徴があります。 その国によってかっこいい男のイメージというのはメディアコントロールによってバイアスが入っているも …

【逆説】クラッシュ&バーン。あしらわれることのメリット

  Crash & Burn とは名前から想像できるように、相手にぶち当たって燃え尽きるというような感じのアプローチの仕方で、一瞬で酷く話しかけた相手にあしらわれるという意味です。 英語圏のセ …

お世辞はモテない。外国人女性の本音

お世辞を言ってしまう男性の特徴 もちろん男性なら女性を見たときに「あ、あの子かわいい。」とか「きれいな人だな。」と、そういった外見が脳に飛び込んでくるのは男性の思考構造的に仕方がないといいますか、本能 …